セキュリティソフト比較

世界には様々なセキュリティソフトがあります。日本で有名なものではノートンやウイルスバスター、ノートン、マカフィーといったところでしょうか。実はWindows10には元からウィンドウズディフェンダーというソフトが搭載されています。 有料セキュリティソフトとウィンドウズディフェンダーの比較  元から搭載されているウィンドウズディフェンダーの魅力は無料で使えるという点でしょうか。他のセキュリティーソフトは最初の30日間が無料だったりすることはあれど基本的には有料です。一方でウィンドウズディフェンダーは追加の料金を払うことなくWindows10のパソコンなら利用できます。 基本的な機能ならばウィンドウズディフェンダーにも備わっています。しかし万が一ウイルスやマルウェアの侵入を検知できなかった際に、スキャンしても検出されないことが多々あります。そういった点では有料のセキュリティソフトでしっかりと防御する方が安全です。ウイルスの被害にあった際の保険として有料のものを導入しておくことをお勧めします。


ビットディフェンダー率

ビットディフェンダーの全世界でのシェア率は10%と言われています。世界のコンピューター10台に一台はビットディフェンダーというわけです。 高い防御率 他の全てのセキュリティーソフトと比較してもビットディフェンダーは上位に来る防御率を誇ります。第三者の評価機関からも高い評価を受けています。 モバイル版についても同様に高い評価を受けています。それにバッテリー消費への影響も少ないことが評価されています。動作が軽量でデバイスへの影響がほとんどないというわけです。


セキュリティの大切さ

皆さんはセキュリティソフトを利用していますか? セキュリティソフトは本当に必要? 別にみられて困る情報なんて無いし、別に要らないと考える人もいるかもしれません。しかしウイルスはあなたのパソコンから情報を盗むだけでなくパソコンそのものを使えなくしてしまうこともあります。ランサムウェアと呼ばれるようなソフトがそれにあたります。あなたのパソコンを人質に取り、お金を送金するまでシステムを使用不可な状態に追い込みます。  普段インターネットで買い物するときに、クレジットカード情報を入力したりしていませんか?悪質なソフトウェアやウイルスはそういった情報を盗み出すことがあります。気づかない間に被害にあっていたということを避けるためにも、セキュリティソフトを導入しましょう。